東京マンション売却をして確定申告が不要な場合について

マンションなどの高額なものを売却すると、多額の資金を手に入れることができます。そうなるとその税金が気になりますが、マンション売却は多くの場合税金を払う必要はないです。

 

建物は時間が経つにつれて価値がなくなってくるので、買った時よりも価値が下がっています。そして価値が下がるという事はそれだけ損をしていることになるので、損失が発生しているならば税金を払う必要はないです。

 

ですから確定申告も不要で税の申請をする費用はないです。
例外的に買った時よりも高く売れたり、買ったマンションを賃貸として貸していた場合は利益が出ているので税金の申請が必要です。
普通に使っている場合は税金の申請は必要ありませんが、売却をすると損失を被るので減税効果が生まれることがあります。

 

ある程度の広さのマンションで5年以上住んでいる場合は、その損失分他の税金を下げることができます。
その場合は確定申告で税の申請をする必要はありませんが、税の還元のために申請するメリットがあります。