東京マンション売却したら確定申告をしましょう

まず売るときは、マンション査定サイトで不動産業者をみつけます。
そしてマンションを売却した場合、譲渡所得を得た可能性があるとして税務署から確定申告のお知らせが届きます。

 

通常、確定申告は自身が売ったマンションが買った時よりも価格が安ければマイナスとなるため確定申告の必要はありませんが、税務署は譲渡益の有無を把握しているわけではないため全員にお知らせが届く事になります。

 

ちなみに、マンション売却時の譲渡所得計算において所有期間が5年以下だと譲渡所得の計算時に有利になります。これは税率の違いがある為で、所有期間が5年以上は長期譲渡所得、5年以下の場合は短期譲渡所得と区分され長期譲渡所得の税率は短期譲渡所得の半分となっています。なお、所得計算の計算式は以下の通りになります。

 

『課税長期譲渡所得金額』=『譲渡価格』ー『取得費+譲渡費用』ー『特別控除』『課税短期譲渡所得金額』=『譲渡価格』ー『取得費+譲渡費用』ー『特別控除』譲渡価格とは実際の売却代金で取得費とは売ったマンションの購入代金や手数料など取得に要した金額にリフォーム費などの額を加えたものを指します。