東京マンション売却で税金の還付を受ける方法

マンション売却した場合、確定申告をすることで税金がかからないことがあります。
しかも所得税の還付を受けることができるので、マンション売却をした時には確定申告をする必要があります。

 

このような事例になるのは、マンションを購入した金額とマンション売却をした時の金額の差額に損失がでた時になります。

 

つまりマンションを購入した金額よりもマンション売却した金額が少なければ減価償却をすることができ、確定申告をすることで税金がかからず、所得税の還付が受けられます。マンション売却の減価償却は、まず建物の部分と土地の部分に分けられます。

 

減価償却は建物の部分のみになり、マンションの構造体により償却の率が変わってきます。

 

そしてこれに居住した年数を加えることによって算出します。その他にもマンション売却時における確定申告は、様々な住宅関連の適用が受けられることがあります。例えば、住宅ローンが残っていたり、住宅の買い替えをする時などです。そのため税務署などで確認することが必要になります。