東京マンション売却にかかる消費税

住宅やマンション売却時に事業者ではない個人の人が住宅やマンションを売却しても基本的に税金は課税されません。

 

しかし、家を売った人が消費税を課税される課税事業者と呼ばれる場合の人でも自宅として利用していた場合のものの家の売却は事業として利用するものではないため、税は課税されませんが、事業用としていた店舗や事務所などを売却はする場合は売却税などが課税されることもあります。

 

また、中古住宅や中古マンションの売買により、仲介業者などに仲介を頼んだ場合はその手数料に対しての消費税が課税されます。反対に購入する時の場合は消費税法という法律上、土地などは非課税取引とされており、建築物などは課税取引とされています。

 

この様に、マンションや住宅などを購入する場合は、土地代と建物代に分けられるため、建物の価格に対してのみ、消費税が課税されるのです。その他にも消費税が課税されないものとして不動産取得税や固定資産税などが挙げられます。