東京マンション売却でリフォーム

入居開始して25年が経過する自分の住む地域に大満足です。
もし、どこかに不動産を購入したいとの話を耳にするならば、この地域を最優先に進めたいです。

 

地域もさることながら自分の住宅にも大満足です。
25年住んでいて、特に欠点が見当たらないのです。
住宅に対する改善点は幾つもありますけれど、それは限界のある予算で購入したのだから仕方がないことと考えています。

 

こんな地域で、時折、売り物件の案内表示やら、不動産売却の新聞チラシ広告が入ります。
そのような時は、ほぼその物件を見に行きます。

 

最初に、どのような住宅であったのかつぶさに見るのが楽しみなのです。
それと、その物件が発売された時の販売価格をおおよそ記憶にありますから、それと中古物件として比較するのが楽しいのです。

 

まず、中古であるから半値と考えます。
地価は時価売買であるからして、新築販売時期からの経過年数はほどんと関係ありません。

 

主に建物の価値で中古物件が決まると考えています。
リフォームされた様子が無く、住んでいた人の様子がわかるような汚れ、傷がある建物は当然に安い中古物件です。
安く買って、自分の好みでリフォームすると考えればお買い得と考えます。

 

又、見事にリフォームされて、汚れ、傷が全く見当たらない建物はそれなりに高い中古価格です。
そこまで高いのならば、新築住宅を購入した方が良いのではと考える人がいるかもしれません。

 

しかし、新築住宅を購入する時の資金に苦労した自分としては決してそのようには考えません。
この価格で、この広さのとこの魅力的な地域の物件を手に入れれるのなら、とても魅力的価格と考えます。

 

それに、この価格でこの広い家を手に入れるのならば魅力的とも考えるのです。
ですから、中古物件はとても賢い人の買い物だと考えます。

 

そうは言っても、建築から30年も経過しても住宅の狂い、傷み、腐食のないのが家が絶対条件です。
この点に於いて、自分の住んでいる地域であるから安心出来るのです。